黒、白、赤  M型ライカのレンズ選び
Mのレンズ選びで最後の最後に悩むのが黒鏡胴にするか、白鏡胴にするか、である。

基本的にはボディ色に合わせれば良いのだが、両方持っていればそう簡単には決められない。
黒レンズは比較的どちらのボディにも似合うので無難ではあるが、気になることがひとつある。




フィート表示の色だ。

ボディ、レンズともに、刻印は赤が映えると個人的には考えている。
ところが、ある時期から黒レンズの表記は赤から黄色に変更されてしまった。
ライカとしては視認性が向上するとの判断なのだろう。
だが一部のボディを除くと、シャッターダイヤルには赤が使用されている。
それとのマッチングを考慮し、あえて白レンズを選択することがこれまでに何度かあった。

そして、白には白の悩みがある。

ニュージェネレーション以降、ライカの白レンズは黒に比べてかなり重い。
真鍮製でがっちり出来ているからと納得は出来るが、持ち歩くのには少々閉口する。
限定販売のブラックペイントのレンズを買ったこともあったが、
これも「赤だけど重い」の組み合わせで、結局は手放してしまった。

見た目と身軽さのトレードオフ、これもまたライカならではの悩みと言えよう。



さて、サードパーティ製のレンズはどうだろう。
ミノルタやコニカなどは我が道を行くというスタイルであった。
その点、現行のコシナフォクトレンダーはライカを充分に意識しており、
レンズのデザイン、そして赤の色合いもぴったりだ。

e0225932_18331878.jpg

このあたりの加減は流石にコシナ、安くて性能が良いというだけではない。
細かいところまで拘って、まさに心憎いばかりだ。
[PR]

by kurobei-LEICA | 2012-05-11 20:13 | leica
<< LEICA M9 の 常用レン... LEICA M9 の 常用レン... >>