<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

LEICA M9 の 常用レンズ考
新しくカメラを買うと、レンズが欲しくなる。

あれっ、前にも似たようなことを書いたが、今度は貧乏性ではなく、気分的な問題だ。
新しいカメラと新しいレンズ、これで気分が悪かろうはずもない。

だが、今回はそれだけの理由ではない。
M9最大の弱点、CCDへのゴミ付きに関係があるのだ。
このゴミ問題に抜本的な対策はない。
出来得る事はレンズ交換の時に細心の注意を払うか、あるいはもう付けっ放しにするか(!)である。
そこで思いついたのが、常用レンズを決めて(なるべく)交換しないで済ませるということ。
そう思って改めて所有レンズを眺めてみると、どれもが帯に短し襷に長し・・・。
已むに已まれずレンズを購入しなければならなくなったのである(うぉほん)。

1.いつでも気軽に持ち歩けるには、軽くて、コンパクトであること
2.使い慣れた画角の広角系
3.出来れば設計が新しいもの
4.これが最も重要なのだが、価格が安いこと

候補としてあがったのが、コシナ。(というか、それしかない)
最終的にはBiogon T* 35mm F2.8 か、NOKTON classic 35mm F1.4 のいずれかに絞られた。
ところが、突然大外から捲くって来たのが、

これだ。
[PR]

by kurobei-LEICA | 2012-04-29 22:15 | voigtlander
LEICA M9 に カメラケース
新しくカメラを買うと、カメラケースが欲しくなる。

基本的には「ケースもキャップも付けない派」なのだが、
買ったばかりで傷を付けたくないという心理が働く訳で、いわゆる貧乏性である。
(因みにフィルター、フード、シャッターボタンは付ける派。)

しばらくするとカメラをラフに扱うようになり、ケースは無用の長物となる。
たいていの場合どこかに仕舞い込まわれる。
そしてカメラ売却とともに、存在そのものが忘れさられてしまう。
思い立って処分しようとしても、二束三文で買い叩かれるのがオチだ。
自分にとっては無駄な出費の典型と言えよう。


それを分かっていながら、またぞろM9用にハーフケースが欲しくなった。
しかし、調べてみるとこれが意外に高い。
殿様かっ!!(商売が)

仕方がないので押入れの奥をゴソゴソ捜してみると、布製のゆるーいM型用ケースが出てきた。
今となってはいつどのようにして手に入れたのか全く思い出せないが、一時期M4に付けていた記憶もある。
衝撃には無力だが、スレ防止には役に立ちそうだ。

ただし・・・
[PR]

by kurobei-LEICA | 2012-04-27 18:48 | leica
DNG
泥縄で、勉強中。

e0225932_21402497.jpg

[PR]

by kurobei-LEICA | 2012-04-25 22:07 | leica
LEICA M9
突然、大手量販店がMデジタルの販売価格を一斉に値上げした。

これは明らかにライカの販売戦略によるものだ。
May10thにM10を発表する、という噂が影響を及ぼしているのかどうかはわからない。
もし事実なら、新型発売後の値崩れを警戒し、事前に在庫と価格を整えたと見ることが出来る。
そしてM10の価格がこれより上に設定されることになるだろうことは、想像に難くない。

あるいはもっと怖いことが起こっているのかも知れない。
先日、国内で4店舗目となる直営店「大丸東京店」がオープンしたことに注目したい。
ライカのブランド力を活かして直営による販売力を向上させ、価格を主導する狙いがあるのだろう。
つまり全ルートでの価格の一本化(=定価販売)へと舵を切った可能性が大と言うことだ。

どちらにせよ、ライカがかなり強気であることは間違いない。

手を拱いてみているだけでいいのか?
今が最後のチャンスなんじゃないか?

そんな気持ちが頭を擡げてきた・・・。
[PR]

by kurobei-LEICA | 2012-04-17 19:48 | leica
カメラ本
最近、本はネットで買うことが多い。

新品はもちろんだが、探しているマニアックな中古もすぐに検索できるので便利だ。
ただし、実際に手にとって見るわけではないので、どうしても現実感がない。

そのため、こんなことも良く起こる。
[PR]

by kurobei-leica | 2012-04-07 09:47 | camera
The Master Pieces for the 21st Century
e0225932_18552137.jpg


よれよれの汚い画像で恐縮だ。

古い雑誌の切抜きである。
さりげないシルバークロームの組み合わせが好ましいので、捨てずに保管していた。

時はまさに世紀末。
21世紀に伝え遺したい逸品のひとつとして、ライカが紹介されている。
解像度ではなくトータルのバランスを重視し、
視線の恣意性を裏切らないところが素晴らしいと大絶賛だ。

そして見出しに・・・
[PR]

by kurobei-leica | 2012-04-01 01:00 | leica