<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ZUIKO 28mmF3.5
かつて、一眼レフカメラは標準レンズを付けて買うのが当たり前だった。

最もポピュラーな交換レンズは単焦点の28mmと135mmで、
メーカーは口径の違ういくつかのレンズを揃えていた。
ズームレンズの性能がアップし、価格も下がってくるにつれ、
単焦点レンズは大口径化し、暗めの地味なレンズは徐々に整理、統合されることになる。

G.ZUIKO 28mmF3.5 も、そうした流れの中で消えて行ったレンズのひとつだ。
e0225932_17333330.jpg

手元にある「OMシステム価格一覧表」を調べてみると、
S55年8月15日現在、28mmはF2とF3.5の2種。
S56年5月20日にF2、F2.8、F3.5に増え、11月15日付けでF3.5の記載はなくなる。

因みに、F3.5の価格は27,000円。
対するF2.8は26,200円で、多層膜コーティングが施され、重さも10g軽くなった。

明日は今日よりも良い、右肩上がりが当たり前の時代であった。

中学の頃、カメラに詳しい級友が・・・
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-30 18:41 | olympus
Canon Demi
e0225932_919349.jpg

キヤノンのハーフサイズカメラ、デミ。

フィルムがまだ高価だった時代。
一枚でも多く写真を撮りたいという要望に応えたカメラ。

記録メディアを大容量に取り替える手軽さとは訳が違う。
画面サイズを半分にして、2倍の枚数を得た。
撮りたい、そして残しておきたい写真はたくさんあった。
旅行、結婚式、出産、七五三、運動会・・・。

写真がハレの日の特別なものだったあの頃・・・。
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-27 09:48 | canon
究極のペンタックス
ご報告せねばならないことがある。
口をあけて待っていたMV1に、やっとのことで相棒が出来た。
e0225932_9203115.jpg

リケノン 50mm F2.0である。

ふえるわかめちゃんみたいな名前だが、付けてみると結構似合っている。
なにしろ、格安ボディに見合うレンズがなかなかなかった。
ペンタックスのレンズはそこそこに高い。


LX2000のチラシと一緒に記念写真。
どちらも究極のペンタックスシステムだ。(対極だが)
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-24 10:04 | pentax
アルパ物語

むかーし、むかしのことじゃ。


あるところに、小さな村があったそうな。

その村の長老はどんなカメラのことでも知っておって、たいそう尊敬をされておった。

そして村人はみな、カメラが大好きじゃった。


なかでもアルパという古くて珍妙なカメラは、村の名前になるほど大いに持て囃されておった。

村のものは口々に褒めそやしては、

やれ、わしのは距離計と連動したり、斜め上から覗いたり出来るんじゃぞとか、

いやいや、この “C” レンズは安っぽく見えるが、ネジネジでなんにでもくっつくんじゃとか、

お互いに見せびらかしたり、自慢しあったりしておった。

まだ持っていない若者たちは羨ましがり、

遠くのまちまで出掛けて、どこかにないものかと尋ね歩いたりしたそうな。

e0225932_15572981.jpg


そうこうするうちに、・・・
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-20 09:16 | camera
東日本大震災
このたびの震災でお亡くなりになられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。
また、被害に遭われた皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈りいたしております。
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-19 20:43 | etc
一生モノのライカを探し出せ!
CAMERA LIFE Vol.8
e0225932_18295678.jpg

よくある特集だが、面白そうなので黒兵衛的セレクトを。
条件はボディ1台、レンズは2~3本。


<その1> 人生初

 まずは露出計ということで、M6。
 お金に余裕があれば、MP(新)。
 レンズは定番、ズミクロン35/2(7枚玉・鏡胴に35と表記あるタイプ)。
 2本目のレンズは、ズミクロン50/2(同年代・フード引出しタイプ)。
 重さを考え、ボディもレンズも黒で揃える。


<その2> 限られたご予算で

 バルナックから、3C。
 お好みで、3F、あるいはD3も。
 レンズはズマールかズミタール50/2。
 どうしてもM型というなら、M4-P。


<その3> 撮るライカ

 ボディはM4白。
 ストイックにいくならM2-R。
 レンズはSA21/3.4(黒)、ズミクロン35/2(八枚玉)、デュアルズミクロン50/2。


<その4> 本格派を気取る

 ボディはM3(ダブル)。
 レンズはズマロン35/2.8(眼鏡付き)、ズミクロン50/2(トリウム)、エルマリート90/2.8(白)


<その5> 俺流

 ボディはM5黒(2吊)。
 レンズはズミルックス35/1.4(球面・黒)、ノクチルックス50/1.2(手磨き)、キヤノン25/3.5L。


<その6> 愛でる、集める

 黒塗り、軍用、プロト、などなど、珍品、限定品をお好きにどうぞ。
 敢えてあげるなら、M4オリーブ。
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-07 19:00 | leica
ライカフレックス
ライカ=レンジファインダーとの向きもあろうかと思うが、一眼レフもなかなかのものだ。

前回紹介したR7は94年発売。
ミノルタと技術提携した最終モデルであり、XDがベースとなっている。
小型で洗練されたデザイン、機構の信頼性も増し、一眼レフ型ライカの完成形との評価も高い。


で、今回はもう少し遡ってライカフレックス。
64年発表、翌年発売されたライツ初の一眼レフだ。

素通しかと見間違うファインダー。
ぶ厚くガッチリとしたボディ。
片目をウインクしたように見えるペンタプリズム。
確かに多少のクセはある。
しかし今では考えられない贅沢な仕上がり、圧倒的な存在感を放っている。

e0225932_18185399.jpg


M型には・・・
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-05 16:49 | leica
ライカ R7
自分で言うのもなんだが、浮気っぽい。
あるいは移り気、飽きっぽいと言うべきか。
女性にじゃないところが救いで、カメラにである。

同じものを買っては売り、また買うを繰り返してしまうところがある。
本当に何をやっているのかわからない。


R7についてもかなりやった。
3色全て買った。

最初は黒。
売って、白。
また売って、黒。
最後に漆。
e0225932_13521248.jpg


結婚と・・・
[PR]

by kurobei-leica | 2011-03-02 17:20 | leica