リトルニコン
大好きなカメラ。

80年、F3とともに鮮烈にデビューし、
売れば売るほど赤字になるとまことしやかに囁かれたニコンEM。
e0225932_3332637.jpg

前のブログではタイトル画像に使っていた。


ボディのみで4万円。
いわゆる初心者向けのカメラである。

同時発売されたAi50mmF1.8sとのセットが特に痺れる。
専用のモードラMD-Eや、小型軽量(ややコストダウンの)レンズシリーズEなど“集める楽しみ”もある。
機会があれば、青ポチの海外向けモデルも手にしてみたいものだ。


当時、カメラ小僧の自分には少々物足りないスペックだった。
重厚なF2や最新のF3に目を奪われ、EMの良さが分からなかった。


シンプルイズベスト。

歳をとって、遠回りをしてみて初めて気が付くこともある。
[PR]

by kurobei-leica | 2011-02-12 05:00 | nikon
<< LEICA WORKSHOP ... Leica M8 >>